事業承継のプロ集団「事業承継センター」とは? どう活用すべき?

事業承継のプロ集団「事業承継センター」とは? どう活用すべき?

会社などの事業経営を後継者に引き継がせる「事業承継(じぎょうしょうけい)」。経営基盤の資産が経営者名義であることが珍しくない中小企業において、経営者の交代は事業の今後を左右します。また、預貯金や不動産などの個人の資産を引き継がせるような遺産相続とは手順が異なるので、経営者の悩みの種と言えるでしょう。

そんな事業承継を支援するのが、各業界の専門家集団「事業承継センター」です。この記事では、事業承継の基本知識を確認しつつ、事業承継センターとは何か、どう活用すべきかをご紹介していきます。

1.事業承継センターとは

事業承継のプロ集団「事業承継センター」とは? どう活用すべき?

会社の経営権やブランド、取引先など、事業に関係する全てを引き継がせる「事業承継

簡単に言えば、社長(代表取締役)の交代です。大きな規模の企業では、経営者の交代は珍しくありませんが、それは経営に関する資産などが、経営者名義になっていないためです。一方、事業経営に関わる資産などが経営者自身の名義のままであることが珍しくない中小企業では、経営者が変わるとなると、自社株や事業基盤となる資産の買い取り、相続税の支払いのための多額の資金が必要になります。しかし、事業承継ができないと、廃業するしかなくなってしまうため、事業承継は中小企業や個人事業主の悩みの種と言えるでしょう。

一般的に、事業承継は、親族や従業員に対するものというイメージがありますが、最近ではM&A(企業の合併と買収)などによる事業の売却も事業承継の一つとして扱われるようになっています。

そこで、事業承継センターです。

深刻な後継者不足などの理由から消滅してしまう会社を減らし、中小企業という社会的資産を守るために、各業界の専門家を集め設立されました。組織の名称は「事業承継センター株式会社」で一般的な株式会社ですが、経営革新等支援機関の認定を受け、国家から公的な支援機関として認可されています。「事業承継センター」は登録商標です。

中小企業庁に認定された、地域の中小企業支援機関の連携体「地域プラットフォーム」として認められているのが、事業承継センターの最大の特徴です。主に、事業の専門家派遣事業の窓口業務を担当したり、連携して地域における中小企業・小規模事業者の経営支援をしたりなどの事業承継支援コンサルタントをしています。

商工会と商工会議所などの支援機関が連携して中小企業の経営支援を行えるよう、国などが発信する中小企業支援施策情報を提供したり、中小企業の支援をするポータルサイトなどでの情報共有に関わったり、経営革新セミナーやビジネスマッチングのイベントを開催したり、など事業承継に関する多岐にわたる活動をしています。

2.事業承継センターを活用するには

事業承継のプロ集団「事業承継センター」とは? どう活用すべき?

事業承継に踏み出せば、特に意識しなくとも、事業承継センターを間接的に活用しているかと思いますが、直接的に活用することもできます。

例えば、事業承継センターは「後継者塾」という後継者教育のためのセミナーも行なっています。講師は、多くの中小企業のコンサル実績を持ち、経験を通じて得たノウハウを集積している事業承継の枠だけに留まらない経営の専門家です。経営革新に関するセミナーは数あれど、後継者にフォーカスしたニッチな内容は珍しいので、後継者教育の一環として活用してみてもいいでしょう。

また、事業承継センターは「事業承継士」という資格制度も関与しています。団塊の世代の引退により、今までにない規模で事業承継のニーズがある中で、ある分野の高度な知識を持つ行政書士や弁護士といった、いわゆる「士業」の専門家は、部分最適の提案になりがちです。しかし、事業継承における中小企業の要望を、包括的に受け止め、全体最適となる提案が求められます。そのために多角的で幅広い知識とノウハウの集大成として確立させた資格制度が「事業承継士です。一般社団法人事業承継協会が運営する「事業承継士」の資格取得に必要なのが、事業承継センターの実施する資格取得講座です。

現在、事業承継対策をうたうコンサルティングは、相続対策や税金対策をきっかけに、士業や専門家が担当することがまだまだ多い状況です。その中でも、事業承継士の資格を持つ人に相談できれば、満足度の高い、スムーズな事業承継となることでしょう。専門分野の異なる専門家に都度相談するより、トータルで事業継承をサポートしてもらえるため、最終的に安く上がる可能性もあります。しかし、2015年から始まった比較的新しい資格であるため、有資格者はトータルでの支援実績が豊富という保証がある訳ではないため、あくまでも参考として、こだわりすぎないほうがよいでしょう。

3.まとめ

事業経営する限り、いつかは来る「事業承継」

誰に相談するかによっても、結果は大きく変わります。事業承継の相談先に悩んでいる方は「事業承継に悩んだら?誰に相談したら良い?悩みに応じたオススメの専門家は?」をあわせてご参照ください。

事業承継に悩んだら?誰に相談したら良い?悩みに応じたオススメの専門家は?

もっと詳しく事業承継について知りたい方は「経営者は絶対読むべき事業承継の基礎知識」もあわせてご参照ください。

経営者は絶対読むべき事業承継の基礎知識