不動産投資に失敗してしまう原因

不動産投資に失敗してしまう原因

将来に備え、会社からの収入以外から収入を得るために不動産投資を考えているという方も少なくないようです。たしかに、不動産投資に成功し、不労所得を得ることが出来れば日々の生活の助けになるだけでなく、定年後も安定した暮らしを続けていくための保険にもなります。

しかし、全員が不動産投資に成功するわけではありません。なかには失敗してしまう方も難しくありません。

今回は、不動産投資を成功させるために、なぜ不動産投資にしっぱいしてしまうのか、その原因を説明していきたいと思います。

1.勉強不足

不動産投資に失敗してしまう原因

不動産投資にはしっかりとした知識をもっていることは必須です。失敗してしまう人の多くが勉強不足である傾向があります。

不動産投資の場合は、ワンルームマンションであっても数百万円、建物一棟であれば数億円の投資をすることもあります。それほど高額な投資をするにあたって、勉強をせずに始めたのであれば失敗する危険が高くなります。

「不労所得」という言葉からは何も努力しなくても楽に収入を得られると思っている方は多いです。しかし、何も知識がなく人の言う通りに従っているだけでしたら成功する事はできません。

あなたに物件を勧める営業マンの全員がいい人だとは限りません。不動産の専門家なら誰も買わないような不良物件をどうしても売らなければならない場合、知識のない素人にいかにも儲かるかのように説明して売ろうとする人もいることが考えられます。

2.高い利回りだけしか見ていない

不動産投資に失敗してしまう原因

不動産投資の初心者にありがちなこととして、不動産に設定されている利回りがそのまま自分の収入になると考えている方がいます。

しかし、利回りが高い物件には高いだけの理由があります。例えば、交通の便が悪かったり、部屋に何らかの支障があったりなかなか入京者が見つかりにくい不動産の場合は、もともとの価格が低く、高い家賃を設定しておけば利回りを高くすることが出来ますので注意が必要です。

また、利回りには表面利回り実質利回りの2種類があります。表面利回りとは不動産価格と家賃だけから算出した利回りで、不動産投資をするには子の利回りから始めることが多いようです。

それに対して、実質利回りは表面利回りに不動産の維持費や管理費などの必要経費を考慮したうえでの利回りとなります。不動産投資を始めてから得られる収入を計算するにはこちらの方が現実に即しているといえます。

しかし、不動産投資の初心者は物件の表面利回りだけを見て判断してしまう傾向があります。表面利回りがいくら高くても実質利回りを計算すると意外と低いということも考えられますので、注意が必要です。

3.附則の事態に備えた彫金をしない

不動産投資に失敗してしまう原因

不動産に限ったことではありませんが、不測の事態に備えて貯金を作っておくことは重要です。不動産の場合、考えられるリスクは家屋の損傷と設備の不具合があります。どちらもリフォームや修理を業者に頼めば、予想外に高額になってしまうことも考えられます。そのため、そのようなもしもの時に備えて一定額は貯金し、将来に備えておく必要があります。不動産から収益を上げる場合は税金を払う必要があります。この税金によって予想外に収益が少なくなってしまうこともありますので、注意が必要です。

4.まとめ

不動産投資は不労所得を得るきっかけとなり、誰でも始めやすい事から人気の投資方法であり、始める方も多いです。しかし、投資である以上それにともなったリスクもあります。そのため、不動産投資を始めるにあたっては必ずしっかりと勉強し、失敗しないための知識を付けておく必要があります。

不動産投資が成功するかどうかは成功するための方法を知っているかどうかです。

これから不動産投資を始めようと考えているという方は、ぜひこの機会に不動産投資について勉強してみてはいかがでしょうか。