賃貸物件の借主が亡くなった場合、賃貸契約はどうなるの?

賃貸物件の借主が亡くなった場合、賃貸契約はどうなるの?







賃貸物件の借主が亡くなった場合、その部屋の契約や敷金等はどうなるのでしょうか?仮に、被相続人と同居していた場合、出ていかなければならないのでしょうか??

賃貸物件の借主には「賃借権」や「借家権」という権利があり、これらの権利も相続財産として相続人に引き継がれます。今回は、借主がなくなった賃貸物件と相続についてご説明したいと思います。

1.賃貸物件の借主が持つ「賃借権」と「借家権」

賃貸物件の借主が亡くなった場合、賃貸契約はどうなるの?

賃借権は賃貸借契約によって借主が目的物の使用収益する権利を言います。借家権は借地借家法により借主が当該物件に対して継続的に居住する等の権利です。

これらの権利は相続が発生した際には、相続人に引き継がれることになります。

そのため、賃貸物件に居住していた方が亡くなった場合、相続人が引き続きその物件に居住することも可能です。もちろん、誰も住まないから解約するということも出来ます。

(1)引き続き相続人が居住する場合の注意点

引き続き相続人が居住する場合には、特に大家さんなどに通知する義務はありません。

しかし、何かあった際に困らないように、相続が発生したことにより借主が変わったことを伝えておきましょう。連帯保証人や保証会社に対しても同様に通達しておくようにしましょう。

(2)引き継ぐ相続人は早めに決めておく

賃貸物件は毎月、賃料が発生します。相続人が複数いる場合、遺産分割が終了するまで被相続人の財産は相続人全員の共有財産となります。

共有財産となっている間は、相続人全員が家賃を負担する義務があります。いつまでも引き継ぐ人がはっきりしないと、のちのち面倒なことになりかねません。引き継ぐ相続人は早急に決めておきましょう。

2.賃貸物件の解約について

被相続人が居住していた賃貸物件は、被相続人が亡くなったら自動的に解約される理由ではありません。相続人がだれも居住する予定がないという場合には、早めに解約するようにしましょう。

遺産分割を行う前に解約する場合には、相続人全員で解約を行う必要があります。また、解約によって返金された敷金は被相続人の遺産に含まれるため、遺産分割の対象となりますので注意してください。

遺産分割後に相続人のどなたかが一度、相続してから解約する場合には、相続した方のみが解約の手続を行うことが出来ます。

遺産分割協議についての詳細は下記をご確認下さい。

意外とモメる遺産分割【遺産分割協議とは?】

3.相続放棄を選択する相続人が注意すべきこと

相続放棄は当該相続の相続する権利を放棄することです。様々な理由によって相続放棄を検討されることがあると思いますが、被相続人が賃貸物件にお住まいの場合、相続放棄を選択される方は下記の点に注意が必要となります。

(1)賃貸物件の解約手続

被相続人が居住していた賃貸物件の解約手続きを行ってしまうと、賃借権や借家権の消滅の手続を行うことになり、遺産の処分に該当します。

相続放棄を行っている方が遺産の処分をしてしまうと、相続の意思があると判断されてしまう可能性があり、相続放棄ができない状態になることがあります。

そのため、相続放棄を行っている方が賃貸物件の解約手続を行うことは避けるようにしましょう。もし、大家さんから解約を依頼された場合には、相続放棄している旨を伝えましょう。

(2)部屋の片付けでの家財道具の処分

部屋を片付けるという行為自体は問題ではありませんが、家財道具等の処分は解約手続きと同様に遺産の処分に該当します。

仮に、相続放棄する方が部屋の片付けを行うことになった場合には、他の相続人となる人が財産を引き継ぐまでの間の保管行為のみを行うようにしましょう。

相続放棄についての詳細や注意点は下記をご確認ください。

知らなきゃ大損に!?相続放棄7つのポイント

【疑問】遺産分割協議で「相続しない」と決めたのに相続放棄できていない?

まとめ

賃貸物件の借主の方が亡くなった場合でも、その賃貸物件に相続人の方が引き続き居住することは可能です。しかし、賃貸物件に居住する権利も相続財産のひとつとなるため、

引き続き居住する場合には、誰が居住するのかを明確にしておく必要があります。賃貸物件の解約を行う場合には、相続放棄をする方は解約の手続等は行わないように注意してください。

相続専門税理士の無料相談実施中!

当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には相続専門税理士にご相談頂いた方がよい可能性があります。

050-5212-3331

(対応時間 平日9時~19時)

 

メールでのご相談

 

日本法規情報