離婚した後に相続が発生した場合、財産はもらえるのか?

離婚した後に相続が発生した場合、財産はもらえるのか?



離婚した後に相続が発生した場合、財産はもらえるのか?  離婚した後に相続が発生した場合、財産はもらえるのか?

 

離婚した後に相続が発生した場合には、財産を取得できるのでしょうか?今回の記事では、離婚後に相続が発生した場合のよく出てくる論点を記載致しましたのでご覧ください。

1.離婚した場合の相続の論点とは?

離婚した後も、相続財産を取得する権利があるのではないか?と期待している方もいらっしゃるようなのですが、離婚をすると夫婦関係は解消され、他人となりますので相続財産を取得する権利はありません。

例を使ってご説明すると、夫Aと妻Bが平成25年に離婚しました。その後、夫Aが平成27年に死亡しても、妻Bには相続する権利はありません。

離婚は婚姻関係の解消です。夫婦はもともとは他人ですが、婚姻関係を結ぶことで配偶者となります。配偶者は法定相続人になりますが、離婚によって婚姻関係を解消すると、配偶者ではなくなります。

したがって、妻Bは夫Aの財産を相続する権利はなくなるということになります。

離婚した後に相続が発生した場合、財産はもらえるのか?

2.離婚していても子どもがいる場合には、相続財産を取得できる!?

離婚をしていても子どもがいる場合には、その子どもは相続財産を取得する権利が出てきます。

元配偶者は婚姻の解消により他人に戻りますので、相続する権利はありません。しかし、元ご夫婦の間に生まれた子は、父の子であり母の子であります。夫婦としての関係は解消されても、離婚によって親子の関係が解消されるということはありません。

そのため、元ご夫婦の間に生まれた子は、父、母、どちらの相続においても第一順位の相続人となります。

離婚した後に相続が発生した場合、財産はもらえるのか?

※誰が相続人になるか興味のある方は「5分でわかる!相続する人(相続人)って誰?」ご覧ください。

離婚した後に相続が発生した場合、財産はもらえるのか?  離婚した後に相続が発生した場合、財産はもらえるのか?  離婚した後に相続が発生した場合、財産はもらえるのか?

 

3.再婚した場合の子の相続権

離婚後に父が亡くなった場合、その子が母と暮らしていても相続人となるということをご説明しましたが、母が再婚したとしても子が父の相続人であることに変化はありません。

相続では配偶者以外の相続人は血族となり、血の繋がりが重視されます。そのため、母が再婚していたとしても、子と父の血族関係は変わらないということから相続人の地位は変わらないことになります。

しかし、母の再婚相手である継父の相続の場合には、養子縁組によって親子関係が結ばれていないと相続の権利がありません。つまり、血の繋がりのある父・母の相続の場合には、父・母が再婚していてもしていなくても関係ないと言えます。

離婚した後に相続が発生した場合、財産はもらえるのか?

離婚により何十年も親子が会っていない状況だったとしても、ある日突然身内の方から相続の事で連絡がある可能性があります。実務上も珍しいことではなく、頻繁に出てきますので、離婚されたご経験がある場合にはかならず覚えておかなければならない知識といえるでしょう。

4.再婚して、前妻に引き取られた子に相続財産を相続させないためには?

離婚の際に子どもとも折り合いが悪く、離婚後全くあっていないというケースでは前妻や前夫に引き取られた子には財産を残したくないという考えの方もいらっしゃいます。

特に、離婚後に再婚されて、再婚相手との間に子がいる場合など、一緒に暮らしていた時間の長い子に財産を多く残したいという気持ちは当然でしょう。

このようなケースで、離婚した配偶者との間の子に財産を取得させない方法としては「遺言」を残すという方法があります。

相続では遺言がある場合、遺言が優先されます。亡くなった方の財産ですから、亡くなった方の思い通りにしてあげることが大切ということですね。そのため、遺言に「再婚後の配偶者と子に相続する」という旨を記載しておくことで、遺言通りの相続が行われることが原則です。

しかし、遺言だけで確実に再婚後の配偶者と子だけに相続させることができるという訳ではありません。

相続人には「遺留分」という相続人が最低限相続する権利があります。遺留分については後述で詳しく記載します。

再婚後の配偶者と子にだけ相続させるという遺言書を作成しても、前妻や前夫との間に生まれた子が遺留分減殺請求を行うと、一部の財産をその子が取得することになります。

遺言を残しておくことが確実な方法ではありませんが、遺言を残しておくことで、遺留分減殺請求されない可能性もあります。もし、再婚後の配偶者と子に財産を残したいとお考えの場合には、

遺言は残しておいたほうが良いと言えます。

「遺言」「遺留分減殺請求」については下記に詳しく記載しています。合わせてご確認ください。

遺言で相続時の争族がなくなる?5分でわかる遺言のすべて
遺留分減殺請求で貰えるはずの財産は全て取得しよう!!!

遺言には種類があります。遺言がただしく執行されるためには「公正証書遺言」を作成するようにしましょう。

遺言書でモメてしまう具体例と解決策のすべて

公正証書遺言を作らなければ絶対に後悔します!

5.離婚後の子の遺留分とは?

(1)遺留分とは?

遺留分とは相続人(相続する人)が最低限相続できる財産割合のことをいいます。基本は、被相続人(相続財産を残して亡くなった人)の意思を尊重するため、遺言書の内容が優先されます。

では、遺言書に、「全ての財産を愛人に渡す」と書いてあった場合には本当に全てを愛人に相続させることとなるのでしょうか?

もし全てを愛人が相続することになった場合、被相続人(相続財産を残して亡くなった人)の財産に依存していた子供や配偶者にとっては、生活することが大変となり、残された遺族は非常に気の毒な状況となります。

そこで最低限相続できる財産を保証することを民法では規定しております。

(2)遺留分の計算方法

① 法定相続人が直系尊属(両親など)だけの場合

相続財産の3分の1

② ①以外(法定相続人が配偶者のみ・子供のみ・配偶者と子供・配偶者と親)の場合

相続財産の2分の1

仮に元妻に子供が2人いた場合には、相続財産に1/2した額が2人でもらえる合計で、各自の遺留分は2人いるためさらに1/2します。

※各自の遺留分は、全体の遺留分に各自の法定相続分を乗じて算出します。

遺留分についてさらに詳しく知りたい方は「遺留分を知らないと相続財産を1円ももらえない可能性も?」をご覧ください。
 

まとめ

離婚後の相続は、離婚した元ご夫婦の間に子がいるかいないかによって論点が変わります。

子がいない場合、元配偶者は婚姻関係の解消により他人となることから相続とは無関係となります。しかし、子がいる場合には、子は父・母どちらの相続においても第一順位の相続人となります。

離婚後も子との関係性が変わらず、良好な関係であれば相続が発生したときに大きな問題にはならない可能性もあります。

しかし、離婚によって疎遠になってしまうなど関係が変わってしまっても相続人の地位は変わらないため、相続が発生したときに、他の相続人との間で相続争いが起こる可能性も十分に考えられます。

実際に、離婚前に子がいたケースの相続では争いになることが多いです。そのため、相続争いに対する対策として遺言を作成しておくようにしましょう。