相続における二重資格とは?養子縁組の場合は注意が必要?

相続における二重資格とは?養子縁組の場合は注意が必要?

1つの相続で、相続人がもつ相続の資格は原則として、1人1資格です。

しかし、養子縁組などの理由から、1つの相続で相続人として2つの資格を持つケースがあります。これを二重資格と言います。

二重資格が発生するケースと二重資格の注意点を紹介します。

1.二重資格は養子縁組によって発生する

相続で二重資格が発生する要因は「養子縁組」です。以下に3つのパターンをご紹介します。

パターン1)配偶者と兄弟姉妹の二重資格が発生するケース

相続における二重資格とは?養子縁組の場合は注意が必要?

 

上記の図のように、父・母・長男の3人家族で、長男の配偶者と両親が養子縁組をした場合、長男の配偶者は配偶者という立場の他、長男の兄妹ということになります。

このようなケースで長男が亡くなった場合、配偶者には、被相続人の配偶者という資格と

兄弟姉妹という資格の二重資格が発生します。

 

パターン2)法定相続人と代襲相続者の二重資格が発生するケース

相続における二重資格とは?養子縁組の場合は注意が必要?

 

 

上記の図のように、祖父が孫と養子縁組をしているケースの場合で、祖父が亡くなると、養子縁組をしている孫は父の兄妹姉妹として祖父の相続人となります。

相続における二重資格とは?養子縁組の場合は注意が必要?

しかし、上記の図のように、祖父が亡くなる前に父が亡くなっている場合、孫は父の代襲相続人という資格と祖父の相続人という二重資格が発生します。

 

パターン3)代襲相続の権利が二重になるケース

このケースは少し複雑です、まずAとBが結婚し、BがAの両親と養子縁組を行います。

AにはXとYという兄妹がおり、AとBには子が1人います。

相続における二重資格とは?養子縁組の場合は注意が必要?

上記のケースで、両親とA、Bがすでに亡くなっており、その後、Xの相続が発生しました。

Xが独身だった場合、配偶者、第一順位、第二順位の相続人がいないため、第三順位、つまり兄弟姉妹が相続人となります。従って、上記のケースではYとA、養子となったBが相続人となりますが、AとBはすでに他界しています。そのため、AとBの子が代襲相続人として相続の権利を得ることになります。したがって代襲相続人である子には、Aの代襲相続権とBの代襲相続権の二重資格が発生することになります。

2.二重資格が発生した場合の法定相続人の考え方

二重資格が発生した場合、2つの資格を持っているから、法定相続人の人数も2人になると思いがちですが、法定相続人の人数は実数で数えられることになっています。

相続における二重資格とは?養子縁組の場合は注意が必要?

例えば、上記のパターン2の場合、

父が亡くなっていない場合は祖父の法定相続人は、母が存命であれば配偶者となる祖母、父、養子の孫の計3人となります。

相続における二重資格とは?養子縁組の場合は注意が必要?

しかし、父が亡くなった場合、子は父の代襲相続という権利と祖父の養子という2つの権利を有する相続人ではありますが、実数は1人なので、法定相続人の数は祖母と養子の孫の2人ということになります。

3.二重相続を持つ相続人の法定相続分

法定相続分とは、相続人毎の相続分の目安のことを言います。

相続人

法定相続分

配偶者+子(第一順位)

配偶者1/2 子1/2

配偶者+直系尊属(第二順位)

配偶者2/3 直系尊属1/3

配偶者+兄弟姉妹

配偶者3/4 兄弟姉妹1/4

 

二重資格の相続人は、法定相続人としてのカウントは1人ということになりますが、

相続分については、2つの身分のそれぞれの法定相続分の合算が相続分となります。

分かりやすいように、こちらも先ほどと同じパターン2で考えてみましょう。

亡くなった祖父の法定相続人は、配偶者の母と養子の孫ですが、本来の法定相続人には亡くなった父がいます。孫は父の代襲相続人という立場でもあります。

相続における二重資格とは?養子縁組の場合は注意が必要?

このケースの場合、配偶者である祖母の法定相続分は1/2、子の相続分は1/2を父と

養子の孫で按分するため、父が1/4、養子の孫が1/4となります。父はすでに他界していますので、二重資格を持つ養子の孫は父の代襲相続としての相続分1/4と養子としての相続分1/4の合計1/2が相続分となります。

まとめ

二重資格とは、1つの相続で1人の相続人が持つ相続人としての資格が2つあること言い、

二重資格が起こる理由は養子縁組によるものとなります。

二重資格の相続人がいる場合、他の相続人よりも相続分が多くなる可能性が高く、相続争いに発展する可能性も考えられます。

相続対策などで孫を養子にするなどを検討されている場合には、相続が発生した時に親族間で争いに発展することのないよう、相続に精通した専門家に相談してから進めることをおすすめします。