遺品整理をしていたら、遺言が2通でてきた!複数の遺言はどれが有効??

遺品整理をしていたら、遺言が2通でてきた!複数の遺言はどれが有効??



相続が発生した際に、誰がどの遺産を相続するかを決めるためには遺産分割協議という話し合いを行います。しかし、遺言が遺されている場合には、遺言に記載されている内容が優先されることになります。

遺品整理をしている時に遺言が出てきたというお話をよく伺います。発見された遺言が1通の場合には、その遺言通りに遺産分割をすればよいということになりますが、もし、2通以上の遺言が発見されたらどうなるのでしょう?

今回は、遺言が複数発見された際に遺言として効力をもつものがどれになるかの判断方法などについてご紹介します。

1.複数発見された遺言はどれが有効?

遺品整理をしていたら、遺言が2通でてきた!複数の遺言はどれが有効??

複数の遺言書が発見された場合、遺言の効力の原則は日付の新しいものが有効ということになりますが、それ以外にも遺言として効力があると判断するためには、いくつか確認しなければならないことがあります。

(1)矛盾した内容になっていないかの確認

複数の遺言書が発見された場合、複数の遺言に対して民法第1023条では以下のように定められています。

前の遺言が後の遺言と抵触するときは、その抵触する部分については、後の遺言で前の遺言を撤回したものとみなす

引用:民法第1023条

遺言は故人の意思が記載されている書類となるため、日付の新しいものが優先されることが原則です。しかし、先に書かれた遺言と後に書かれた遺言に明らかな矛盾(抵触)がある場合、矛盾のある部分に関しては、後に書かれた遺言が優先されることになります。

遺品整理をしていたら、遺言が2通でてきた!複数の遺言はどれが有効??

上記のようなケースでは、××という財産と〇〇という財産の相続人が全く異なる人になっています。このような場合は、後に書かれた遺言が有効となり、××財産を長女が〇〇財産を長男が相続することになります。

-抵触は明らかに内容が異なるケースを言う-

民法で定められている「抵触」は上記の例のように、明らかに内容が異なっており、矛盾が生じている状態を言います。そのため、元の遺言に条件を付けたした程度である場合には抵触と判断されることはありません。

(2)遺言の方式で優先度は決まらない

遺言には「自筆証書遺言」「秘密証書遺言」「公正証書遺言」の3つの方式があります。遺言の方式についての詳細は後述させていただきますが、

簡単に説明すると、

遺品整理をしていたら、遺言が2通でてきた!複数の遺言はどれが有効??

ということになります。これらの遺言はただしい記載方法で作成されていれば、どの遺言も効力は同じです。

つまり、先に作成された遺言が公正証書遺言で、後に発見された遺言が自筆証書遺言だった場合、後に作成された自筆証書遺言の内容が優先されます。

公証役場で作成してもらっているからという理由で公正証書遺言が最も効果が高いということにはなりません。ただし、記載方法に誤りがある、正しく作成されていない等の場合には後に作成された自筆証書遺言は無効となる可能性があります。

2.遺言書の方式ごとのルールを理解しましょう。

上記でご紹介したように、遺言には3つの方式があります。それぞれの遺言にはルールとなる条件が定められています。その条件を満たしていない場合には、遺言が無効となる可能性があります。

(1)自筆証書遺言

自筆証書遺言は字の通り、ご自身で作成した遺言を言います。自筆証書遺言には以下の条件が定められています。

遺品整理をしていたら、遺言が2通でてきた!複数の遺言はどれが有効??

また、自筆証書遺言は発見後、家庭裁判所での検認が必要です。自筆証書遺言は勝手に開封してしまうと、罰則が科せられることがありますので発見した場合にはすみやかに家庭裁判所で検認をしてもらいましょう。

(2)秘密証書遺言

秘密証書遺言は自筆証書遺言と公正証書遺言の間の遺言のような位置づけです。

自筆証書遺言と同じように、ご自身で作成する必要がありますが、作成の際は自筆ではなくワープロ等で作成することも可能です。秘密証書遺言には以下の条件が定められています。

遺品整理をしていたら、遺言が2通でてきた!複数の遺言はどれが有効??

遺言の保管はご自身で行う必要があります。また、公証人に署名押印をもらいますが、遺言書の中身の確認はしてもらえません。そのため、書き間違え等があると無効になる可能性があります。また、自筆証書遺言と同様に開封には家庭裁判所での検認が必要となります。

(3)公正証書遺言

公正証書遺言は上記2つの遺言とは異なり、遺言者以外の人が遺言を作成します。正確には、遺言者が公証人に遺言内容を伝え、公証人がその内容で遺言書を作成するという手法です。公正証書遺言には以下の条件が定められています。

遺品整理をしていたら、遺言が2通でてきた!複数の遺言はどれが有効??

公正証書遺言は公証人が作成し、作成には証人2人以上の立ち合いがあることから裁判等の際にも証拠力がとても高い遺言となります。遺言の作成を公証人が行うため、内容の不備等によって遺言が無効になる確率も低くなります。

3.遺言が複数になってしまう理由

複数ある遺言は原則として日付の新しいものが有効になるというお話をさせていただきましたが、そもそも遺言が複数になってしまうのはどのような理由があるのでしょうか?

遺言は遺言者の方の意思を記載した書面です。作成から日数が経過するとお気持ちに変化が現れることがあります。お気持ちに変化が生まれ、新たな遺言を作成することで遺言が複数発見されるということになります。

遺産分割等で揉めることの無いようにというお気持ちで遺言を作成される方が多いですが、複数の遺言が発見されると、その内容によっては相続争いに発展してしまうケースも少なくありません。

まとめ

遺言には3つの方式がありますが、遺言の効果はどの方式であっても同じです。従って、複数発見された遺言の優先度が方式によって判断されることはありません。

基本的には、新しい日付のものが有効となることが多いですが、自筆証書遺言や秘密証書遺言の場合には、内容の不備等によって遺言の効力が無効となる可能性があります。

無効にならない遺言を作成したいとお考えの場合には、公正証書遺言の作成をおすすめします。しかし、遺言が複数発見されてしまうと余計な争いに発展する可能性も少なくありません。遺言を作成する際にはしっかりと考えて作成するようにしましょう。