叔父や叔母の相続人になる?甥・姪が代襲相続人になる際の注意点

叔父や叔母の相続人になる?甥・姪が代襲相続人になる際の注意点



ある日、突然、叔父や叔母の相続人になったという連絡を受けたら、何をしたら良いのでしょうか?そもそも、叔父さんや叔母さんの相続人になることはあるのでしょうか?

甥や姪が相続人になるということは代襲相続人として相続の権利を得るということになります。今回は、甥や姪が代襲相続人になるケースと代襲相続人の注意点等についてご紹介します。

1.誰が相続人かはあらかじめ決まっている

相続によって財産を取得する方を相続人と言います。相続人は誰でもなれるという訳ではありません。民法には法定相続人は誰になるかということを定めています。

叔父や叔母の相続人になる?甥・姪が代襲相続人になる際の注意点

法定相続人には順位があり、第一順位は子、第二順位は直系尊属(父母)、第三順位が兄弟姉妹となります。被相続人の配偶者は必ず法定相続人となり、それ以外は先順位から法定相続人になります。

つまり、第一順位である子がいる場合には、第二順位、第三順位は法定相続人にはならないということになります。このように、本来の相続であれば甥や姪が相続人になることはありません。では、どのようなケースで甥や姪が相続人となるのでしょうか?

2.甥や姪が相続人となる代襲相続

甥や姪が相続人となるケースは、第三順位である兄弟姉妹がすでに他界しているケースです。例えば、被相続人に配偶者も子もおらず、第二順位の父母もすでに他界しているという場合には、相続の権利は第三順位の兄弟姉妹となります。

この時、相続人となるはずの兄弟姉妹がすでに他界している場合、兄弟姉妹の子、つまり被相続人の甥や姪が兄弟姉妹に代わって相続人となります。これを代襲相続と言います。

3.甥・姪が相続人となった場合の法定相続分と遺留分

(1)甥・姪の法定相続分

法定相続分とは、民法によって定められている相続人の取り分の目安です。相続税の計算を行う際などに、ひとまず法定相続分でわけて相続税を計算することがあります。

叔父や叔母の相続人になる?甥・姪が代襲相続人になる際の注意点

法定相続分はあくまでも目安なので、必ずその通りに分割しなければならないということではありません。甥・姪が代襲相続によって相続人となる場合には、兄弟姉妹の法定相続分が甥・姪の法定相続分となります。

亡くなった兄弟姉妹の子が複数いる場合は、子すべてが代襲相続人となりますので、亡くなった兄弟姉妹の法定相続分を子の人数で分割することになります。

(2)甥・姪の遺留分

遺留分は相続人が最低限取得することができる相続分を言います。この遺留分は、兄弟姉妹にはありません。従って、兄弟姉妹の代襲相続人となる甥・姪にも遺留分はないということになります。

叔父や叔母の相続人になる?甥・姪が代襲相続人になる際の注意点

4.甥・姪の代襲相続で注意する点

(1)相続放棄に注意しておく

甥・姪が代襲相続になるケースでは、先順位の相続人がすべて相続放棄をしているということも考えられます。相続放棄を行うということはそれなりの事情があるということです。相続放棄は相続人であることを知った日から3か月以内に手続きを行う必要があります。

(2)姪・甥の代襲相続は再代襲はない

代襲相続には2つの種類があり、第一順位である子がすでに他界している場合には、子の子、つまり被相続人の孫が代襲相続人となることが出来ます。これを再代襲と言います。

この再代襲は、第一順位となる子の代襲相続のみ認められています。兄弟姉妹の代襲相続は、兄弟姉妹の子(甥・姪)までとなります。

(3)相続税の2割加算に注意

相続税は相続によって取得した財産に課税される税金ですが、相続人が一親等の血族以外の場合には、相続税が2割加算されます。

叔父や叔母の相続人になる?甥・姪が代襲相続人になる際の注意点

つまり、被相続人の配偶者、子、親までは一親等の血族となるため、2割加算の対象とはなりませんが、兄弟姉妹、甥・姪、孫は二親等となり2割加算の対象となります。

ただし、第一順位の代襲相続人となる孫は2割加算の対象とはなりません。

5.相続放棄が理由の代襲相続は起こらない

相続放棄は相続の権利を放棄することを言います。代襲相続は本来の相続人の代わりに相続すること言います。

代襲相続が認められるケースは、被代襲者(本来の相続人)が亡くなっている場合、相続欠格や相続人排除されている場合のみとなります。第三順位の相続人である兄弟姉妹が相続放棄によって相続の権利を放棄した場合は、その子に相続の権利が移動することはありません。

まとめ

代襲相続は、被代襲者が死亡や相続欠格、相続人排除によって相続することができない状態の場合に、被代襲者の代わりにその子が相続人として相続することを言います。従って、ご自身の父母がすでに他界しており、父母の兄弟が存命の場合には代襲相続人となる可能性があると言えます。

叔父や叔母との関係が深い場合には、代襲相続人となっても困ることがないかもしれませんが、あまり会っていない、よく知らないということも考えられます。

しかし、どのような状況であっても相続人となった場合には、遺産分割への参加や相続税の申告・納付などの手続きを行う必要があります。相続税の申告・納付は相続人であることを知った日から10ヶ月以内、相続放棄の手続きは3カ月以内です。

いざという時に焦らずにすむように事前に確認できることは確認しておくことをお勧めします。