相続放棄したら誰が相続するの?相続人が全員相続放棄することも出来る??

相続放棄したら誰が相続するの?相続人が全員相続放棄することも出来る??




被相続人が亡くなり、財産を引き継ぐことを相続と言います。相続では、被相続人のプラスの資産と言われる不動産や現預貯金を引き継ぐイメージがあると思いますが、マイナスの財産となる借金などの負債も引き継ぐ必要があります。

プラスの資産よりもマイナスの財産が多い「債務超過」の場合には、相続放棄を検討しないと被相続人の借金を代わりに返済する必要が出てきてしまいます。

それでは、相続放棄をした場合、誰が相続することになるのでしょうか?もし、相続人全員が相続放棄した場合、被相続人の遺産はどうなってしまうのでしょうか?

1.相続放棄と関係する相続人の順位

相続によって財産を取得する人を相続人と言います。民法では、相続人に順位を定めています。

被相続人の配偶者は必ず相続人となります。それ以外は先順位から相続人となります。

相続放棄したら誰が相続するの?相続人が全員相続放棄することも出来る??

つまり、被相続人に配偶者がいる場合、配偶者と第一順位、配偶者と第二順位、配偶者と第三順位という形になります。先順位の相続人がいない場合には、次の順位の相続人が相続することになります。

相続放棄は、相続によって財産を取得する権利を放棄することになります。したがって、子が相続放棄した場合には、次の順位である直系尊属に相続する権利が移動します。

相続放棄したら誰が相続するの?相続人が全員相続放棄することも出来る??

このように、相続放棄は放棄した人の立場によっては相続人が変わっていくことになるのです。ちなみに、直系尊属が相続放棄をすれば第三順位の兄弟姉妹に相続する権利が移動します。

2.相続放棄は全員で行う必要がある

1で説明したように、相続放棄は相続人個人が当該相続の権利を放棄することです。当該相続がすべて放棄になるわけではありません。具体的な例を使って考えていきましょう。

相続放棄したら誰が相続するの?相続人が全員相続放棄することも出来る??

上記の図では、本来の相続人は被相続人の配偶者と第一順位である子です。配偶者と子が相続を放棄した場合は、第二順位である父母に相続人の権利が移るのですが、今回のケースでは第二順位である父母がすでに他界しています。第二順位がすでに他界しているため第三順位である兄と妹が被相続人の相続人となります。

もし、配偶者と第一順位である子の相続放棄の理由が債務超過だった場合、兄と妹も相続放棄をしないと被相続人の借金を代わりに払わなければならなくなってしまいます。

このように、もし債務超過などによって相続放棄を行う場合には、できるだけ相続人になる可能性のある親族と連絡を取り合い、全員が相続放棄の手続きを行うようにしないと後々親族関係に悪影響がでる可能性があります。

3.甥や姪が巻き込まれる可能性もある

被相続人の兄弟姉妹に子がいる場合(被相続人の甥や姪)、もし、兄弟姉妹がすでに他界していると代襲相続人となり甥や姪が相続人となることがあります。

先ほどの例で、仮に兄に子がおり、兄は既に他界しているとなると、兄の代襲相続人として兄の子(被相続人の甥姪)が借金を代わりに払うことになってしまうのです。

相続放棄したら誰が相続するの?相続人が全員相続放棄することも出来る??

第二順位の父母は自分の子の借金ですから、代わりに払うということも納得できるかもしれません、兄弟姉妹も同様に自分の兄弟姉妹だからと思うこともあるでしょう。

しかし、叔父や叔母の借金を代わりに払ってと言われて納得できる人は少ないのではないでしょうか?

とくに、叔父や叔母とあまり会ったことがないという関係の場合、知らないうちに代襲相続で相続人になっていたということも考えられます。

4.相続放棄されていることを知る方法は?

相続放棄は相続人が個人で手続きを行うことが出来ます。そして、相続放棄されたので「相続人があなたになりましたよ」という通知が裁判所から来るということはありません。

相続放棄した相続人が伝えない限り、知らないうちに相続人になっているということは十分に考えらます。

(1)相続放棄の期限は3か月

相続放棄の期限は「自分が相続人であることを知った日から3か月」です。

相続人であることを知った日とは、相続開始となる原因と法律上の相続人となったという2つのことを知っていることが前提となります。

相続開始となる原因は被相続人が亡くなったという事実ですね。法律上の相続人となったというのは、先順位が相続放棄を行ったことで相続の権利が移動したことも含まれます。

つまり、先順位が相続放棄したことで相続人になったことを知った日から3か月以内に相続放棄の手続きを行う必要があります。

(2)相続放棄したことを知らない場合は?

では、相続放棄したという事実を知らない場合はどうなるのでしょうか?兄弟姉妹など、後順位の相続人が自分が相続人になったという事実を知るケースの多くは、債権者からの通知によって先順位の相続放棄を知ることになります。

このような場合には、債権者からの通知が「自分が相続人であることを知った日」となり、そこから3か月以内に相続放棄の手続きを行う必要があります。

5.後順位の相続人が相続放棄の手続きを行う際の注意点

相続放棄は「自分が相続人であることを知った日から3か月」とお伝えしました。

仮に、被相続人が亡くなったことを知っていて、他の相続人が相続放棄することを知っていても、先順位が相続放棄の手続きをしていない段階で後順位が相続放棄の手続きをすることは出来ません。

第一順位が放棄して、相続の権利が第二順位に移る、第二順位は自分が相続人になったことを知った日から3か月以内に相続放棄をする。そして、第二順位が相続放棄して、第三順位に相続の権利が移る、第三順位は自分が相続人になったことを知った日から3か月以内に相続放棄するという流れになります。

相続放棄したら誰が相続するの?相続人が全員相続放棄することも出来る??

相続開始直後に、全員が放棄することを知っても、手続きが終わるまでは後順位は相続放棄の手続きを取ることはできませんので注意してください。

6.相続人が全員放棄したら、財産はどうなる?

相続放棄をしたからといって、債務がゼロになることはありません。では、相続人が全員相続放棄をした場合、被相続人の財産はどうなるのでしょうか?

もし、被相続人に債務があった場合、債権者は家庭裁判所に「財産管理人」の申し立てを行うことが出来ます。

家庭裁判所に選任された財産管理人が、被相続人の財産から債権者に平等に借金を返済します。

財産管理人は必ず選任されるわけではなく、債権者が申し立てを行った場合のみ選任されます。相続放棄が確定するまでの間は、相続放棄をした相続人であっても財産の管理は行う必要があります。

まとめ

今回は、相続放棄によってどのように相続の権利が移動していくかという点と、相続人全員が相続放棄した場合の財産についてご紹介しました。

相続放棄は相続人個人で手続きを行うことが出来ます。しかし、誰かが相続を放棄すると新たな相続人に相続の権利が移動することになります。債務超過など負債が多いという理由で相続放棄を行う場合には、後順位の相続人にもその旨を伝えていくようにしましょう。