ポイントは3つ!相続で戸籍を扱う際にチェックすべき点について

ポイントは3つ!相続で戸籍を扱う際にチェックすべき点について



銀行や保険会社に提出したり、不動産の登記変更をしたりといった際に必要な戸籍。業者に依頼して取り寄せてもらうこともできますが、やはり費用がかかるので自分でやりたい、頼むとしても自分で見方くらいは知っておきたい、という方も多いのではないでしょうか。

今回は相続で必要とされる戸籍について、基本的な考え方と注意すべきポイントについてまとめました。

戸籍とは

戸籍とは氏名・生年月日・父母との関係・配偶者関係などを明確にするものです。また、「夫婦及び子」を基本単位として構成されます。

つまり簡単に言えば、「その人の家族の状況」を説明するものです。それゆえ、その人の戸籍はずっと同じというわけではなく、結婚や離婚などで「家族」が変わることがあれば、別の戸籍が作成されます。

相続に関して戸籍を取り寄せる場合は、出生から死亡までの全ての戸籍を取り寄せる必要があります。取り寄せ方については、以下のページをご覧ください。

相続放棄で必要な戸籍の簡単な取り寄せ方法とは?

ポイント1:戸籍には何が載っているのか

戸籍(戸籍事項全部証明書)に記載されている内容は、以下の通りです。

ポイントは3つ!相続で戸籍を扱う際にチェックすべき点について

ポイント2:相続の際に注目したい点

戸籍は情報量がとても多く、複数存在する場合はどこから見てもわからないなんてこともあります。相続で戸籍を集めた際、どこを特に注目する必要があるのかをまとめました。

(1)全ての戸籍を取り寄せられているかどうか

上に書いたように、その人の人生で作られている戸籍は一つとは限りません。相続のときは、その人の出生から死亡までの全ての戸籍を取り寄せなくてはなりません。

そこで、「すべての戸籍を取り寄せられているか」を判断するために見るのが、「① 戸籍の期間」と「② 改製・編製」です。

① 戸籍の期間

戸籍は所属する家族が変わるたびに変更され、それぞれの戸籍には期間があります。

また基本的に、その期間には途切れがありません。戸籍を順番に並べてみて、その人の出生から死亡までの全ての期間を抜けもれなく埋めることが出来れば、その人の全ての戸籍を集められたということになります。

② 改製・編製など

戸籍を見てみると、改製・編製などの項目があることがあります。これらの項目があった場合、他の戸籍が存在するということなので、注意が必要です。

「改製」とは、法改正によって戸籍の様式が変更されたということです。この場合、ひとつ前の戸籍が作り替えられているため、法改正後の新しい戸籍と、法改正をする前の古い戸籍を両方取得する必要があります。具体的には、平成6年・昭和32年に戸籍が改正されています。この前後の戸籍を集める際には、注意が必要です。

「編製」は、婚姻・離婚・養子縁組などによって戸籍の変更があった、つまり家族が変わったということを示しています。この項目があった場合は、別の戸籍が存在するということを示しています。重要なのは、「本人の出生から死亡までの全ての戸籍を集める」ことです。そのために、これらの項目を確認することが重要です。

(2)本人の親戚関係はどうなっているのか

相続の際に確認しておかなければならないのが、「本人の家族関係」です。場合によっては、疎遠になっていたり、遠くに住んでいたりして本人の家族の存在に気付かないといったことも考えられます。戸籍を取り寄せたら、まず本人の家族関係を確認しましょう。

本人の家族については、以下のように確認することが出来ます。

① 妻・夫・未婚の子供

本人の妻・夫・未婚の子供については、本人の最後(死亡時)の戸籍を確認することで把握することが出来ます。婚姻者と子供は基本的に「本人の家族」としてみなされる、ということを覚えておきましょう。

② 兄弟・親

本人の兄弟・親については、本人が子供のころ(結婚する前)に入っていた戸籍を確認することで把握することが出来ます。もし親が離婚している場合、離婚する前の戸籍を確認することが必要です。

③ 離婚している場合の元婚姻者・子供

本人が離婚している場合、新たに戸籍が改変される場合と、そのまま前の戸籍が使い続けられる場合があります。(基本的に戸籍の筆頭者の戸籍は維持されます)

どちらの場合も、「戸籍事項」欄に「離婚」と記載されているので、必ず確認が必要です。また、離婚前の戸籍を確認することで、離婚した妻(夫)との間に子供がいるかどうかも確認することが出来ます。

ポイント3:簡単な家系図を作成してみる

戸籍の情報はわかりやすく整理されているわけではないので、一度自分で整理してみると良いでしょう。本人を中心として、親・子・孫・兄弟など簡単な家系図を作ってみましょう。

法定相続人となる可能性が高いのは配偶者・子ども・父母・兄弟姉妹です。少なくともこれらの関係は押さえておけるようにしましょう。

まとめ

相続が発生すると、相続税の申告、相続登記、口座等の名義変更など様々な場面で戸籍謄本が必要となります。被相続人の戸籍なのか相続人の戸籍なのか、どこまでわかるものが必要なのかなど理解して、相続に関する手続をスムーズに進めましょう。