相続放棄手続きを行う管轄の裁判所はどこ?住所地と居所地の違いに注意して!

相続放棄手続きを行う管轄の裁判所はどこ?住所地と居所地の違いに注意して!







相続放棄の手続きを行うためには、期限内に『管轄』の裁判所に必要書類を持参し、届出をする必要があります。

※相続放棄の期限は、相続の開始があったことを知った日から3か月以内です。

では、あなたが相続放棄を行うためには、どこの裁判所に届出なければならないのでしょうか?

今回は、管轄の裁判所がどこなのかを解説していきます。

1.相続放棄の手続きを行う管轄の裁判所(申述先)はどこ?

相続放棄の手続きを行う管轄の裁判所は、被相続人の最後の住所地の家庭裁判所となります。

参照元:裁判所HP

管轄の裁判所は、下記のHPから探すことができます。

http://www.courts.go.jp/saiban/kankatu/index.html

※被相続人とは、亡くなった方をさします。

2.最後の住所地はどうやって調べる?

管轄の裁判所は、被相続人の最後の住所地で決まりますので、『最後の住所地』を調べなければなりません。

最後の住所地は、住民票を取得することで、確認することができます。

3.住所地と住んでいる場所が違うことがある?

住んでいるところを、役所に届けると、住所地となります。

単身赴任や、なんらかの理由で、一時的に滞在している家などがあり、かつ、役所に届出を提出していない状況であれば、居所地(きょしょち)となります。

あくまで、最後の住所地を管轄する家庭裁判所で相続放棄の手続きをする必要がありますので、住所地と居所地の違いには、ご注意ください。

相続専門税理士の無料相談実施中!

当サイトの記事をお読み頂いても問題が解決しない場合には相続専門税理士にご相談頂いた方がよい可能性があります。

050-5212-3331

(対応時間 平日9時~19時)

 

メールでのご相談

 

日本法規情報