アルバイトでも税金が取られる?〇〇〇万円の壁は何を表している??

アルバイトでも税金が取られる?〇〇〇万円の壁は何を表している??



アルバイトやパートをしていると気になることのひとつが税金です。

そして、アルバイトやパートでよく耳にするキーワードが「〇〇〇万円の壁」です。

103万円だったり、130万円だったり壁の前に登場する数字は意外とたくさんあります。そして、なんとなくわかるけどしっかりとは理解してないという方が多いのではないでしょうか?

この〇〇〇万円を理解しておかないと、思っていたより手取りが少ない!という事態や親の税金が高くなった!夫の給与が下がった!!などの事態に発展しかねません。〇〇〇万円の壁を金額ごとに何を対象としている話なのかまとめてご紹介したいと思います。

1.100万円の壁は「住民税」の壁!

住民税は皆さんがお住まいの都道府県に収める県民税と市区町村に収める市区町村民税の総称です。

アルバイトでも税金が取られる?〇〇〇万円の壁は何を表している??

住民税は所得割と均等割で構成されています。所得割の計算方法は所得税の計算方法と同じです。アルバイトでも税金が取られる?〇〇〇万円の壁は何を表している??

所得割は所得に応じて税額が変動しますが、均等割は所得に関係なく一律です。

所得割の税率は10%、均等割は5,000円前後という自治体が多いですが、自治体によって異なるため税額がいくらになるかは各自治体のホームページなどをご確認ください。

ちなみに、関東地方1都6県の住民税は下記の通りです。

アルバイトでも税金が取られる?〇〇〇万円の壁は何を表している??

住民税には基礎控除とパート・アルバイトで得た給与所得の控除があります。基礎控除はおおよそ30万円~35万円、給与所得控除は最低でも65万円です。

つまり、95万円~100万円以内の収入の場合には住民税は課税されないということになります。

この住民税が課税されないための壁が「100万円の壁」ということになります。

2.103万円の壁は「所得税」の壁

所得税はその人が1年間に得た所得に対して課税される税金です。所得税の課税対象となる所得は全部で10種類あります。

複数の所得がある方は合算した金額に対して所得税が課税されます。アルバイトで得た所得は給与所得に該当します。

所得税の計算方法は住民税の均等割り同様に下記の算出式によって計算します。

アルバイトでも税金が取られる?〇〇〇万円の壁は何を表している??

前年の総所得金額から差し引かれる所得控除は、基礎控除となる38万円の他、所得の種類によって設けられている控除額となります。

給与所得控除は給与所得に応じて控除額が異なりますが、一番低い控除額が65万円です。

アルバイトでも税金が取られる?〇〇〇万円の壁は何を表している??

したがって、基礎控除の38万円と給与所得控除の65万円をあわせた103万円を下回る収入の場合には、所得税は課税されないということになります。

この所得税が課税されないための壁が「103万円の壁」ということになります。

この103万円の壁を超えると、学生のアルバイトの方の場合は親の所得税が増えてしまいます。そして、パートで働く奥様方は旦那さんの所得税が増えることになり、世帯収入が減る可能性があります。

3.106万円と130万円の2つの壁がある「社会保険」の壁

社会保険は公的医療保険制度のひとつです。国民健康保険はおもに自営業の方、社会保険は会社に勤めている方が加入しています。

病院で治療を受けたときに3割の自己負担で治療を受けることができるというのは、この公的医療保険制度のおかげというわけです。

アルバイトやパートで働いている方の場合、世帯主の方の公的医療保険に被扶養者として加入しているケースが多いと思います。

その被扶養者から外れる要件が社会保険の壁と言われています。(厳密にいうとちょっと異なりますが、その説明は以下で詳しくご紹介します。)

そしてその壁は条件によって106万円と130万円の2つにわかれるということになります。

(1)社会保険106万円の壁=自分の会社で社会保険に加入する必要があるボーダーライン

106万円の壁は2016年に新しく設置された壁です。

下記の条件にすべて当てはまる場合には、アルバイトやパートで働いている方でも社会保険に加入することが義務付けられました。

アルバイトでも税金が取られる?〇〇〇万円の壁は何を表している??

上記の要件の2つめ「月の給与が88,000円以上ある」という部分の88,000円×12か月=105万6,000円という数字から106万円という表現が使われるようになったようです。

この106万円の壁は、上記の要件にすべて該当する場合は、勤め先で社会保険に加入しなくてはならないという決まりです。社会保険に加入する=被扶養者から外れるという認識で106万円の壁と言われています。

(2)社会保険130万円の壁=世帯主の被扶養者になれるボーダーライン

130万円の壁は、世帯主の加入している社会保険に被保険者として加入することができる被扶養者の収入の上限です。

被扶養者の条件は以下のいずれかに該当する場合です。

アルバイトでも税金が取られる?〇〇〇万円の壁は何を表している??  アルバイトでも税金が取られる?〇〇〇万円の壁は何を表している??

この要件に130万円という数字がでてきますね。これが130万円の壁の理由です。

(3)社会保険に加入すると何がダメなの?

社会保険は公的医療保険制度ですから、加入してはダメということはありません。では、なぜ106万円の壁や130万円の壁という呼ばれ方をするのでしょうか?

理由1:社会保険料は意外と高い!

社会保険料は健康保険、厚生年金、介護保険が含まれています。年収が130万円になると年間約25万円前後の保険料が引かれることになります。

年収が129万円までは1円も取られなかった保険料が130万円になることで年間約25万円とられます。ということは手取りが105万円程度となるわけです。ギリギリのラインで社会保険に加入することになると、手取りが下がってしまうという問題が生じる訳です。

月で考えれば2万円程度手取りが下がることになります。これは大きいです。

理由2:旦那さんの被扶養者の場合は・・・

旦那さんの会社の社会保険に加入しているというケースでは、会社から扶養手当という手当を支給されていることがあります。

奥様の収入が130万円を超えて、ご自身で社会保険等に加入することになると、この扶養手当を外されてしまいます。結果的に、旦那さんの手取りも少なくなってしまうため世帯収入が減る可能性があります。

扶養手当に関しては旦那さんのお勤めの会社によって規定が異なりますので、確認しておく必要があります。

(4)社会保険はデメリットばかりではない

上記でご説明したように、社会保険が引かれるようになると手取りが減ってしまうなどデメリットと感じることが多いですが、デメリットばかりではありません。

社会保険に含まれる厚生年金は年金の2階部分と言われる年金制度です。

日本の年金制度は国民年金を基礎年金としています。厚生年金に加入すると基礎年金の上に厚生年金が加わります。

つまり、老後に支給される年金額は国民年金のみの方よりも多くなるということです。

国民健康保険の支給額は平均約55,000円に対し、厚生年金の平均は約14万円です。

将来受け取れる年金額はこの通りとはいかないかもしれませんが、国民年金よりも少し多く受け取ることができます。

また、社会保険には傷病手当や出産手当などの特別給付があります。このような手当を受け取ることができるという点も社会保険のメリットと言えます。

4.アルバイトやパートの方が損をしない働き方は?

〇〇〇円の壁は住民税、所得税、社会保険に関係する壁です。

一番大きな金額は130万円の壁となる社会保険です。130万円を超える収入となる可能性がある場合は、思い切って200万弱の年収まで働いてしまったほうが良いと言えます。

もし、そこまで働くことは難しい、扶養内で納めておきたい!という場合には、100万円以内に納めておくことで税金も保険料も発生せずに働くことが出来ます。

アルバイトでもパートでも正社員でも、考え方は同じですが、自分がいくら稼ぎたいかということがポイントになります。

どのくらいの稼ぎで何がどう取られるのかを理解しておくことが損をしない働き方といえるのではないでしょうか?