事業承継に悩んだら?誰に相談したら良い?悩みに応じたオススメの専門家は?

事業承継に悩んだら?誰に相談したら良い?悩みに応じたオススメの専門家は?



事業承継は経営者の方にとっては一生に一度の大仕事、事業承継が円滑に進まなければ、事業を継続していくことが難しくなってしまうこともあります。

経営者同士で事業承継について話すことはあっても、企業1つ1つ、状況が異なります。事業承継で悩んだら、誰に相談したら良いのでしょう?

事業承継で経営者の方が悩まれるポイント毎に相談先となる専門家についてまとめてみたいと思います。

1.後継者候補が見つからない!!

親族や社内に後継者候補が見つからないというケースは、事業承継の悩みでも多く聞かれる内容です。後継者に関する相談は「事業引継ぎ相談窓口」や「事業引継ぎ支援センター」を活用するという方法があります。

中小企業庁が中心となり、各都道府県に事業引継ぎ相談窓口が設置されており、事業引継ぎに関する相談を受け付けています。また、事業引継ぎ支援センターは、現段階では北海道・宮城県・東京都・静岡県・愛知県・大阪府・福岡県の7ヶ所の認定支援機関に設定されています。事業引継ぎ支援センターは今後、増えていく予定があるので、是非活用してみてください。

事業引継ぎ相談窓口(中小企業庁HPより)

事業引継ぎポータルサイト(中小機構)

2.事業承継を円滑に進めるための相談をしたい!

事業承継の準備、進め方の方法など、不安に思っていることをまずは相談したい!という場合には、商工会議所や自治体に相談してみましょう。

中小企業や小規模事業者の事業承継は国にとっても重要な課題となるため、円滑に事業承継を進めてもらうことを目的としています。

何から手をつけたらいいのか、事業承継を行うにあたり自分の会社はどこに問題があるかなどを中小企業診断士などの専門家が相談に乗ってくれるというケースもあります。

全国の商工会議所一覧(日本商工会議所HP)

3.事業承継に係る税務や相続問題を相談したい!!

税務に関する相談は、税理士などの税務に精通した専門家に相談することがオススメですが、事業承継は相続が係ることが多いため、相続に関する知識をしっかりと持っている税理士であることが望ましいです。

税理士なら顧問税理士がいるから相談してみよう!と思われる方も多いですが、税理士にも得意分野があり、顧問税理士が必ず事業承継や相続に詳しいとは限りません。

専門知識をしっかりと持っている税理士に相談するようにしましょう。

相続専門の税理士を選ぶポイント

4.事業承継に関する資金調達をしたい!

中小企業経営承継円滑化法という法律には、事業承継を円滑に進めるための対策を定めています。その対策のひとつが「金融支援」です。経営承継は自社株や資産の取得、相続や贈与による納税資金、経営者交代による資金繰りの悪化など、資金にまつわる問題が発生しやすいくなります。

そこで、公的金融機関である日本政策金融公庫では、都道府県知事の認定を受けた方を対象に「事業承継・集約・活性化資金」という融資制度を設けています。

事業承継・集約・活性化支援資金の概要(日本政策金融公庫HP)

事業承継・集約・活性化支援資金については、下記サイトでも詳しく記載されています。併せてご確認ください。

資金調達ノートー資金調達マニュアルー

まとめ

事業承継はまだ先!と思っていても、いつどのような形で事業承継を行うことになるかわかりません。いざという時に円滑に事業承継が行われるようにするためには、自社の現状の把握、自社の未来の設定をしっかりと行うことが大切です。

そのためにも、悩みや疑問は早い段階から専門家に相談することをオススメします。

【事業主が覚えておかなければならない38の資金調達ノウハウとは?】

事業を行っている方で、確定申告を行っている方の多くは融資を受けております。

政府100%出資の日本政策金融公庫からの資金調達ノウハウを公開しておりますので是非下記サイトをご参考にしてください。

日本政策金融公庫の融資を成功させる38のノウハウ